STETEKO

静岡県島田市出身の2人組
フワフワと様々な音達が浮遊するループミュージック
使用する楽器は2人合わせて10を超える欲張りユニット
温泉的な快楽を求め活動中
http://steteko.com/

Terumasa Seto

Photographer / Videographer / Musician

1984年生まれ。伊豆の田舎で育ちながら少年期から音楽制作を始める。
20代前半でクラブシーンに触れヒップホップやハウスミュージックなどを吸収。その後、総合芸術集団LOW HIGH WHO?
PRODUCTIONに所属し、GOMESS、DAOKO、映画「アリエル王子と監視人」などアーティストや映像作品への楽曲提供を行う。音楽監督としても活動し、沖縄の劇団ビーチロックへ楽曲提供やSE制作、他アーティストのバンドマスター、音響による空間演出などを担当する。

またフローリストと手を組み、花の魅力を伝えるフローリスト集団「gram.」のディレクター・アーティストとしても活動。ライブパフォーマンスではピアノの即興演奏で会場を彩っている。
フォトグラファーとしてはポートレートの作品を中心に伊豆・東京・沖縄などを転々としながら撮影している。

地元伊豆の地域おこしにも取り組み下田市の写真プロジェクト「下田写真部」にて約2年活動。その後、沼津市内浦を中心としたプロジェクト「OKUSURUGA BOARD」を立ち上げ、写真講師・プロデューサーとしても活動している。
http://terumasaseto.com/

中山うり

1981年 1月9日 埼玉生まれ。
シンガーソングライター。アコーディオンやトランペット、ギターなどを演奏。
幼少期に父親の影響でジャズやラテン音楽、歌謡曲を耳にして育つ。また、小学校から高校までブラスバンドや吹奏楽でトランペットを担当。シンガーソングライターとしては2000年ステージデビュー、後にs-kenプロデュースのもと、2007年〜2011年の間にアルバム6枚(EPを含む)、シングル2枚、ライブDVD 1枚をリリース。
2011年、自身作詞・曲の「回転木馬に僕と猫」はNHK「みんなのうた」でオンエア。

2012年からセルフプロデュースでアルバム『ホロホロ』、2014年『鰻』を全国リリース。
2015年、ギター弾き語りアルバム『ぼっち』をライブ会場限定販売。(現在HPからも直接販売中)
2016年、9thアルバム『マホロバ』をに全国リリース。
2016年Eテレ(教育)「シャキーン!」番組内のうたコーナーにて書下ろしの楽曲「モシモシーソー」がオンエア。
2018年4月に10thアルバム『カルデラ』を発売。
http://nakayamauri.com/

ミドリのマル

NiKA(piano)と三星章紘(percussion,drums)、2人編成で活動を続けるインスト·デュオ。
ピアノとドラムという最小限の編成とは全く思えない、その圧倒的な音像と演奏クオリティーの高さを武器に、日々、全国各地の音楽好きのハートを掴んでいる。まさに、「音」を「楽しむ」べく用意された珠玉の楽曲の数々、聴いているうちに、心踊らずにはいられない。
2018年3月1stアルバム「no logic」全国流通開始、、6月20日より2ndアルバム「GOOD MORNING 全国流通開始。10月3日より3rdアルバム「SUN」全国流通開始。野外フェスへの出演、TV·舞台へ の楽曲提供など勢力的に活動。2018年9月より初の秋ライブツアー「実りの秋2018」をスタート、 全国各地へお邪魔します!!12月3日、青山月見ル君思フ(東京)にてツアーファイナル、ワンマン ライブ決定! チケット絶賛発売中!!
◆ official web site : midorinomaru.com

kagalibi

甘く穏やかな歌声と、メロウ&グルーヴィーなアコースティックサウンドが心地よいシンガーソングライター。
2007年にVO.G.河合雄三のソロユニット『kagalibi』として活動を始め、これまでに3枚のアルバムをリリース。
制作活動の拠点である山梨の土地で、日々触れる自然や人々、ときどき赴く都会の空気などに触発され様々なスタイルの曲を生み出している。
メジャーアーティストやTVCMへの楽曲提供、ギターワークショップなど多岐にわたるフィールドで活躍中。
http://sui-renn.com/kagalibi/

THE BLUE PORTRAIT IN THE CLOUD

PIANO/evancock40
ジャズピアニストとして各地で様々なライブで活躍。ジャズの枠に囚われないアメージングな世界を即興で奏でる独創ピアニスト

DRUMS/宮澤正樹
県東部を中心に全国各地で活躍
東部のハードコアシーンの支柱的存在EVIL OF WARのビートクリエイター

BASS/園田大輔
ロックバンドMISUNDERSTANDのベーシストで作曲 アレンジ
プロデュースを得意とするバンドマスター

様々なバンドを経て来た3人の感性が化学反応を起こした!
ジャズ ロック をベースシックに
独自のサウンドを生み出す唯一無二のインストゥルメンタルバンド

ライブでは即興で奏でる楽曲や完全に作り込んだ奇想天外な楽曲をバランス良く構成し、ライブ毎にその場の空間や時間を大切にメンバーオーディエンスの反応を感じながらライブを展開! https://mobile.twitter.com/tbpitc

tricolor

Nice days with Glad music.
- 素敵な日々に、よろこびの音楽を -

2009年結成の3人組インストバンド。ケルト、特にアイルランド音楽をベースに、3人それぞれの色を混ぜながら演奏している。
これまでに「朝」「旅」「うた」などをテーマにしたCDを6作発表。最新作は総勢13名のメンバーで製作された「tricolor BIGBAND」(P-VINE, Inc.)。
連続テレビ小説「マッサン」大河ドラマ「西郷どん」の劇伴にバンドで参加し、注目を集める。
ほかにNHK Eテレ「シャキーン!」楽曲提供&出演、NHKアニメ「ピアノの森」劇伴参加、原田知世デビュー35周年記念アルバム「音楽と私」参加等。
http://tricolor-web.com/

馬喰町バンド

武 徹太郎:唄、エレキ6線(自作楽器) 、ギター 織田 洋介:唄、ベース
どうめんさきこ:唄、トリフォン(自作楽器) 「ゼロから始める民俗音楽」をコンセプトに結成されたバンド
懐かしいようでいて何処にも無かった音楽をバンド形式で唄って演奏する
2016 年 12 月から放映されている NHK・Eテレの教育番組「シャキーン!」の新コーナー 「終わる瞬間」のテーマ曲として「わたしたち」(4th アルバム「遊びましょう」収録曲)が 採用された
2017 年 4
月からは同番組・同コーナーにて馬喰町バンド書き下ろしのオリジナル曲がテーマ曲として使用されている
2018 年 1 月にはエレ片の「新コントの人」の楽曲担当に選出され、話題となる
2018 年 4
月から「シャキーン!」の新コーナー「まつりばなし」の企画、アニメーション、楽曲提供を全て馬喰町バンドが担当している従来より場所にとらわれない演奏活動を行なってきたが、近年ではアートイベントやミュージアムでの演奏も増え、新たな活動の場を獲得している
また、2016
年秋から各所で上映されている映画「鳥居をくぐり抜けて風」の音楽を担当するなど、映像の世界へも活動範囲を広げている
2016 年 11 月に 5th アルバム「あみこねあほい」リリースから僅か5ヶ月後の 2017 年 4 月 5 日に 6th アルバム「メテオ」をリリース
2018 年 7
月にサポートメンバーとして参加してくれていた、”どうめんさきこ”が本メンバーとして馬喰町バンドに加入し、現在は尺八・三井闌山、ドラム・服部正嗣をサポートメンバーとして 5 人体制でのライブ活動を行なっている
【HP】オフィシャルサイト
【Facebook】Facebook
【Twitter】Twitter